『匠 の 技』

2012年06月15日

国宝・高松塚古墳壁画

 
takamatuduka



 奈良県飛鳥村、高松塚古墳の石室西壁にある国宝の壁画 「4人の女子像」を、工芸絵箔という技法を用いて、手織で再現しました。この人物像の服装や、左の「さしば」、中央に描かれえいる「如意」といわれる持ち物類は、当時の高句麗や唐の古墳壁画と類似するところが多くあり、この壁画は7世紀末から8世紀初頭のものと言われています。


国営・飛鳥歴史公園は  http://www.asuka-park.go.jp/takamatsu/


『はんなり京都きもの博士』 ホームページへ



posted by 織彦 at 17:22| 作品
お問合せ・ご質問は、info@kimono-kyoto.biz まで。